マリンと楓のフジヤマ日記~2012関西編

マリンと楓と富士山のブログです。2012年関西に引っ越しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルノブイリのペットたち

数日前に再開した後、またまた更新停止してしまいました。ごめんなさい。マリンカです。

今日は、マリンと楓の愉快で人騒がせな(汗)日々の記録はお休みして、あるブログ&記事を紹介しようと思います。

みなさまご存知の通り、先の大地震で福島原発が事故を起こしました。

事故は未だ終息していません。

そして、福島原発の周辺に、たくさんの野生動物・家畜・ペットたちが置き去りにされました。

助け出された動物たちもいますが、死んでしまった動物やまだ助け出されていない動物もいるということです。


これは福島原発だけの問題でしょうか?

私が住んでいる静岡には浜岡原発があります。

(停止命令が出されましたが、『安全が確認されたら再稼動する』ということです)

他にも、日本中、いたるところに原発は存在し、稼動しています。

もしもそこで大きな地震が起こったら?


原発列島・日本に暮らす人間は、もしも原発事故が起こったらどうすべきか、知っておく必要があります。

と同時に、ペットと暮らす人間は、原発事故に遭遇したペットたちがどうなったかも、知っておかなければなりません。


今日紹介するのは、チェルノブイリの原発事故の際に、原発事故を収束させるために派遣された作業員の方のインタビュー記事です。

原文は英語ですが、インタビューなので、英語が苦手ではない方はけっこう楽に読めると思います。

ぜひ原文でお読みください。

『Message for Japan: 'Run Away as Quickly as Possible'』

英語が苦手な方は、こちらを。

親切な方が日本語に訳してくださっています。

『英語日本語ニュース』できるだけ早く逃げなさい!


で。

このブログでは、上の記事から、「ペット」に関係のある部分だけ抜粋して紹介します。

本当は、『英語日本語ニュース』さんの訳を引用・転載すればいいのですが、他人の記事を転載するのはさすがにちょっとアレなので・・・

なんちゃってマリンカ訳でお送りします。

「チェルノブイリのペットたち」の続きを読む
スポンサーサイト

プロフィール

マリンと楓のママ

Author:マリンと楓のママ
ダックスのマリンとジャックラッセルの楓のママ・マリンカです。
どうぞよろしく。

↓ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと押してね。
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

別ブログもよろしく。
『マリンと楓の今日も今日とて』(アメブロ)

2010年6月27日
Cool Dog Site of the Day JAPAN受賞


2010年6月月間ベスト受賞





おきてがみ

最新記事

Comments

openclose

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

ランダム表示です。

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。